雪が降っても太陽光発電って設置できるの?

以前から太陽光発電に興味はあったものの、北陸地方に住んでいるので冬場は雪が降り、お天気が悪い日が多いので、太陽光発電は適していないと勝手に思い込んでいました。

特に私は九州産まれの九州育ちで、冬場も雪とは無縁でお天気が良い気候のところで生活していて、冬でも真っ青な空が広がっていることを知っているので、どんよりとしたお天気が続く北陸地方では絶対に無理と思い込んでいたのです。

なのでこれまで何回か太陽光発電をつけるチャンスはあったのですが、あまり真剣に考えずにすごしていました。

でも、ある日突然、太陽光発電の訪問販売の方が我が家に営業にやってきて、「北陸地方でも十分メリットがあるので、是非、太陽光発電に挑戦してみませんか?」と言われたのです。

冬場は雪がある北陸地方でも十分にメリットがあるということが、最初は全く理解できなかったのですが、話を聞いていくうちに、本当にメリットがあるかも・・・と思うようになってきたので、自分でも色々と調べ、真剣に検討してみることにしました。

そして、自分なりに調べ検討した結果、やってもいいかもと思ったので、雪国の我が家も太陽光発電を導入することにしました。

そんな我が家の太陽光発電を検討してから設置するまでのことを、まとめてみました。特に、北陸地方や東北地方などの雪国にお住まいの方に、参考にしていただければ幸いです。



Pick up

実際に雪国でもたくさんのところで太陽光発電を設置しているのが見られるので、興味のある人は是非、検討してみてくださいね